2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

YAIBA(ヤイバ)連載中 第03話

1 :マロン名無しさん:2007/01/17(水) 21:02:41 ID:facXPPp/
週刊少年サンデー 昭和63年39号より 「YAIBA」という漫画が連載された。
この漫画について語ろうじゃないか。
この漫画は作者が覇王ペンを使用することによって、2日に1話ずつの速度で連載されるようだ。
なお、時々ペンがただの竹刀に戻ったりして、変な時期に合併号になる事もあるが気にしないでくれ。
このスレの詳しい事は連載中スレの楽屋裏にて。ちなみに今日は1991年(平成3年) 17号の発売日だ。

【過去スレ】
YAIBA(ヤイバ)連載中 第02話 (前スレ)
http://comic7.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1157355567/l50
YAIBA(ヤイバ)連載中 第01話
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1143900044/l50

【関連スレ】
連載中スレの楽屋裏 第21幕
http://comic7.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1165810149/l50

2 :マロン名無しさん:2007/01/17(水) 21:03:07 ID:???
まんこぽけもん

3 :マロン名無しさん:2007/01/17(水) 21:05:59 ID:???
ちんこぽけもん

4 :週刊少年サンデー 1991年 17号:2007/01/17(水) 21:06:50 ID:???
第130話 東京水攻め作戦 の巻 1/2

壁で囲い込まれた東京の街に、大量の海水が流れ込む。
次々と水につかるビル群、そして市街。もちろん峰家も例外ではない。
屋根の一番高いところに鎮座した鬼瓦、もとい鬼丸像の周辺は、
はからずも刃たちの避難場所となっていた。

「早く何とかしておくんなまし〜〜!」
冷たい波にさらされる鬼丸を見て、クモ男は刃に泣きついた。
「そうでござるぞ刃殿!!」
珍しく積極的な調子で同意したのは小次郎だ。
彼は熱い涙を頬に伝わせ、この街を襲う悲劇を嘆いた。
「ああ… このままでは東京中のおなごが溺れ死んでしまう〜〜〜!」

……ともあれ確かに、このままでは東京の陸(おか)にいる生物は全滅である。
刃は壁を打ち壊すため飛び立とうとするが、
ムサシはこれを、かぐやの罠かもしれないと言って制止した。
「ここはしばらく様子を見て、奴らの出方を…」
が、そんな中でも水位は徐々に高くなり、波がムサシを洗った。
あっぷあっぷ。ムサシは改めて決断を下した。
「行けぃ刃っ!! あの壁を叩き潰すのじゃー!!」
「お、おう…」

こうして刃は龍神剣を構え、巨大な壁を破壊するべく飛んでいった。
かたや、刃を見送って鬼丸の頭に腰を下ろすムサシ。
「コラ――、どこに座っとるんや〜〜〜!!」
こなた、濡れてしまった上着や靴下を風神剣に引っ掛ける さやか。
「干すな〜〜〜!!」
クモ男は哀れっぽく抗議の声を張り上げた。
「ああ〜〜、なんて人たちなんや〜〜!!」
「文句があるなら、かぐやに言いなさいよ!!」
町が沈みゆく中、クモ男の嘆きにすげなく言い返す さやかであった。

5 :週刊少年サンデー 1991年 17号:2007/01/17(水) 21:08:51 ID:???
第130話 東京水攻め作戦 の巻 2/2

さて、東京の端に到着した刃は 『火』の力を操り、楽々と防壁に穴をうがった。
あいた穴から海水が都外へと流れ出していく。
すると、空から壁を見る刃のもとへ、刺客マンゲツが襲いかかってきた。
「待ちかねたぞ龍神っ!!」
マンゲツは餅つきのキネのような武器をふるい、刃に猛攻をかける。
「貴様ごとき、姫の手をわずらわせる程でもないわ!!」
だが刃は動じることなく敵をあしらった。
『水』の力により街に残る海水を操り、マンゲツを東京の壁の外へとはじき飛ばす。
ウサギの墜落した先はシーフードレストラン 『ロイヤル ロブスター』 南柏店。

後を追ってきた刃は、よろよろと立ち上がるマンゲツを見て退却を勧める。
かぐやもさっさと月に帰れ、と。しかしマンゲツはまだ屈しなかった。
「貴様こそ、われら月星人(げっせいじん) の力を見くびっているようだな!」
レストランのいけすにおもむろに手を突っ込むマンゲツ。
「見よ! これが月星人の真の力だ!!」
そう言うと彼は、つかみあげたロブスターをこれ見よがしに掲げてみせた。
目をぱちくりさせ、「ザリガニか?」 首をひねる刃。
次の瞬間、マンゲツが叫んだ。

「合体!!!」

彼を中心にして爆発が巻き起こる。
あたりにただよった煙が晴れてゆくと、その中から現れたのは―― 異形。
ざらついた甲殻とウサギの耳を持ち合わせる、新たなマンゲツの姿であった。

6 :マロン名無しさん:2007/01/17(水) 21:23:47 ID:???
ウサギとの対決じゃ物足りないなと思ってたら合体能力とは!
これでまた個性的な敵キャラとのバトルが組めるな。
八鬼衆や獣の本性見せた剣士剣豪もそうだけど、青山先生の
怪人デザインって野暮ったさを感じさせない絶妙なアレンジだな。

7 :マロン名無しさん:2007/01/17(水) 21:32:49 ID:???
「ザリガニか?」って台詞もあるし
もしや仮面ライダーV3のザリガーナのパロディか?

8 :マロン名無しさん:2007/01/18(木) 06:42:44 ID:???
合体か
なかなか強そうだな

9 :マロン名無しさん:2007/01/18(木) 13:43:59 ID:???
おれもかぐや様と合体してみたいです

10 :マロン名無しさん:2007/01/18(木) 23:02:45 ID:???
毎度思うけど、クモ男はあの鬼丸にどうしてそこまで忠誠を尽くせるのか謎だ・・・

11 :マロン名無しさん:2007/01/19(金) 01:33:02 ID:???
「ほすな〜!」ワラタwwww

12 :マロン名無しさん:2007/01/19(金) 19:55:10 ID:???
よく見たら、うさぎのヒゲがエビのヒゲに変わってるのかw 芸が細かい

13 :週刊少年サンデー 1991年 18号:2007/01/19(金) 20:58:40 ID:???
第131話 必殺合体ロブスター の巻 1/2

刃が壁を破壊したことにより、東京の地からは徐々に水が引きつつあった。
しかし、かぐや陣営の狙いは最初から東京を沈めることではない。
刃を誘い出し抹殺するのが目的だ。

シーフードレストランの店内で刺客 ・ マンゲツと対峙する刃。
ロブスターと 『合体』し勝ち誇るマンゲツだが、
「ケッ! ウサギがエビになっただけじゃねーか!!」
刃は相手の自信を軽く笑い飛ばした。

それに対しマンゲツは、変わったのは姿だけではないと不敵に笑む。
「われら月星人は合体することによってそのパワーを…」
硬い甲殻に包まれた腕を引き絞るマンゲツ。

「数十倍に上げることが… できるのじゃー!!」

エビ類の持つ頑丈なハサミが刃めがけて振り下ろされた。
龍神剣でそれを受けんとした刃だが、なんと力負けして吹き飛ばされてしまう。
レストランの壁を破って飛び出した刃にマンゲツは追い打ちをかけた。
ぱくりと開いたハサミの先からエネルギー弾が放たれる。
これを剣で切り裂く刃だが、追撃のショルダータックルが彼の顔面にめり込む。

二人の戦いは新宿のビル街へと場所を移した。
中空で激しく斬り結び、やがて彼らはひときわ目立つビルの上へと降り立った。
Hの字にも似た二股の摩天楼―― そう、昨年末に建ったばかりの新宿新都庁だ。

14 :週刊少年サンデー 1991年 18号:2007/01/19(金) 21:00:24 ID:???
第131話 必殺合体ロブスター の巻 2/2

龍神の玉が 『火』の字を浮かび上がらせ、刃は猛火をまとって気炎を吐く。
「エビフライにしてやっから!! 覚悟しやがれ!!」
対するマンゲツも一歩も引きはしない。
「フライになるのは貴様の方よっ!!」
両のハサミの先からマンゲツは次々と光弾を発射、
かたや刃も巨大な火炎の弾をエビウサギめがけて撃ち込む。
激しい戦いのあおりをくらい新都庁の上半分がぐらりと傾いだ。
支える刃の奮戦もむなしく、生まれたばかりの新庁舎は土煙を上げて崩れ落ちたのだった。

瓦礫の山を後に残しつつも二人の戦いはまだ続く。
マンゲツは右手のハサミをロケットパンチよろしく発射した。
ハサミはCPUゲームのパックマンのように刃を追跡し始める。
行く手のビルを破壊しながらしつこく追いすがるハサミに、
業を煮やした刃は 『氷』の一撃を放った。
氷づけとなったところを一刀両断にされ、ハサミは爆音と共に砕け散った。
「ケッ、ざまあみやがれ!!」

 ガ ッ !

次の瞬間、刃の体はビルの外壁に縫いつけられていた。

「ハサミは一本だけじゃねーんだぜ!」

彼を押さえ込んだのは、マンゲツの放ったもう一丁のハサミ。
身動きの取れない刃の身に、甲殻類の手っ甲がメリメリと食い込んでいく。
マンゲツは勝利の確信に口元を歪めた。

「きさまの悪運もこれまでだ!! さあ観念しやがれ!!」

15 :マロン名無しさん:2007/01/19(金) 21:41:07 ID:???
奈良では大仏、大阪では通天閣、そして新都庁……
作者のこの破壊衝動はどこから来てるんだ

16 :マロン名無しさん:2007/01/19(金) 23:42:21 ID:???
>>15
次はどこが破壊されるか予想してみようか

17 :マロン名無しさん:2007/01/19(金) 23:59:45 ID:???
北海道の五稜郭とか

18 :マロン名無しさん:2007/01/20(土) 01:00:46 ID:???
じゃぁ神戸のポートタワー

わかってるよ!マイナーだってことは!!

19 :マロン名無しさん:2007/01/20(土) 01:50:00 ID:???
加古川

20 :マロン名無しさん:2007/01/20(土) 04:01:47 ID:???
甲子園

21 :マロン名無しさん:2007/01/20(土) 10:45:53 ID:???
われら月星人はってことは他の奴らも合体するのか?

22 :マロン名無しさん:2007/01/21(日) 15:58:39 ID:???
>>21
その他大勢っぽいグラサンのウサギどもは合体できなくて
一部のエリートだけが合体できるって感じがする、なんとなく。

かぐやもラストが近付いたら何かと合体すんのかな。

23 :マロン名無しさん:2007/01/21(日) 19:09:41 ID:???
そういえばエリートっぽいウサギは体の色が白くて
ザコっぽいのはグレーだな。
何となく気になってたがこれも何かに関係あんのかね。

24 :週刊少年サンデー 1991年 19号:2007/01/21(日) 20:51:52 ID:???
第132話 反撃開始 の巻 1/3

「ガッハッハッ!! どうだ龍神!! もう逃げられまい!!」

ロブスターと合体したマンゲツによってビルに釘付けにされた刃。
身動きの取れない彼めがけ、マンゲツのショルダータックルが放たれる。

「いっ…   いてええええっ!!」

容赦なく押しつぶされ、骨まで響く痛みに絶叫する刃。

「痛がっていられるのも今のうちだぜ!!」
マンゲツはなおも攻撃を重ねるべく襲いかかった。
刃は炎の玉を撃つが、ハサミに身を捕らわれたままで狙いが定まらない。
マンゲツにあっさりとかわされ再び体当たりをくらってしまう。

「ぐあああああ!!」

25 :週刊少年サンデー 1991年 19号:2007/01/21(日) 20:53:01 ID:???
第132話 反撃開始 の巻 2/3

刃の叫びを聞きつけて、ビルの窓際には中で働く会社員たちが寄ってきた。
が、みたび迫るマンゲツの姿を見つけ、慌てて社内から逃げ出していく。
刃はビルの外壁に龍神剣を突き立てた。

「ウオオオオオッ!!」

 ド ゥ !!

建物に向けて放たれた爆炎により、外壁が中のフロアごと吹き飛んだ。
これで刃はハサミの拘束から逃れることに成功、
動揺するマンゲツに対し、すかさず火の玉を発射する。

「ぶ!! 分離!!」

火炎が命中するすんでのところで、マンゲツは合体を解除し被弾を免れた。
元のウサギに戻った彼は必死に空を飛んで逃げる。
あの火の玉さえ何とかすれば――。
そう歯噛みする彼の目に、丸い大きなガスタンクが映った。

(これだあ!!)

26 :週刊少年サンデー 1991年 19号:2007/01/21(日) 20:54:42 ID:???
第132話 反撃開始 の巻 3/3

しめたとばかりに笑いを浮かべ、ガスタンクの上へ降り立ったマンゲツ。
彼はタンクの球面に手を触れて叫んだ。

「合体!!!」

白い爆煙に包まれ、またもマンゲツがその姿を変える。
巨大ガスタンクそのままのボディに、ちょこなんとはえたウサギの頭部・手足。
見てくれは悪いがこれで刃の火の玉は封じられた。
タンク内部のガスに引火すれば東京中が火の海となってしまうからだ。
『火』が駄目でも 『氷』があると冷気で攻撃する刃だが、
これもマンゲツが口から吐き出す炎によって退けられてしまった。

巨体にまかせた体当たりを仕掛けてくる相手に、刃は次なる力で対抗する。
龍神の玉に浮かび上がった文字は 『大』。
従来よりパワーアップした玉の力でぐんぐんと巨大化する刃の背は、
ビルを追い越し、雲をも破り、人工衛星の巡る宇宙空間へと――。

「い… 息ができねぇ〜〜〜!!」

伸びすぎたところで文字通りの致命的な状況に突き当たった。
シュルシュルと縮み、高層ビルほどの背丈で落ち着く刃。
アホなところも見せはしたが、これでサイズは五分と五分。
ガスタンク VS 巨人の対決が始まる。

27 :マロン名無しさん:2007/01/21(日) 23:15:24 ID:???
真空空間で息が出来ないだけで済むなんてw

28 :マロン名無しさん:2007/01/21(日) 23:56:51 ID:???
無生物とも合体できるのか
ダイアモンドとかとくっついたら最強じゃね?

29 :マロン名無しさん:2007/01/22(月) 00:34:44 ID:???
残念だったな…ダイヤモンドは燃えるしトンカチで叩けば壊せるんだ…

30 :マロン名無しさん:2007/01/22(月) 13:41:21 ID:???
大の玉か、なんか懐かしいな。
しかし大仏の時のことを考えたら、もう東京の運命は決まったようなものだ。

31 :マロン名無しさん:2007/01/22(月) 19:17:11 ID:???
しかし、宇宙に届くほどでかくなれるなら、
息が出来る程度にもっとでかくなればいいのに

32 :マロン名無しさん:2007/01/22(月) 22:30:23 ID:???
龍神剣手に入れてからこっち、凄絶な戦いが多いな。
流血試合っぽいバトルにはあまりなってほしくないが。
しかしマンゲツ、ザリガニ合体はかっこよかったのに
ガスタンクとの合体ってのは何だかな

33 :マロン名無しさん:2007/01/22(月) 22:40:47 ID:???
マンゲツひっ掴んで
もう一回ぐんぐん伸びて
宇宙空間にポイ捨てしてくれば良くね?

34 :マロン名無しさん:2007/01/23(火) 00:33:08 ID:???
>>31
微妙なコントロールは難しいんだろ

35 :マロン名無しさん:2007/01/23(火) 02:57:41 ID:???
>>32
「いてええええっ!!」のコマとか本気で痛そうだもんなー
YAIBAもついにドラゴンボール並みのバトル漫画になるときが来たか

36 :マロン名無しさん:2007/01/23(火) 19:34:33 ID:???
>>34
何のために龍神の玉を手に入れたんだか判らないな

37 :週刊少年サンデー 1991年 20・21号:2007/01/23(火) 20:55:33 ID:???
第133話 くたばれマンゲツ の巻 1/3

ガスタンクと合体したマンゲツに対抗し、『大』の力で巨大化した刃。
しかし相手の腹の中には可燃性ガスが充満している。
大きくなってみたところで、攻撃をすれば東京ごと大爆発である状況に変わりはない。
手をこまねく刃にマンゲツは炎を吐きながら回転し体当たりを仕掛けた。
攻撃を受けて近くのビルに叩きつけられた刃は、はずみで剣を手放してしまう。

「りゅ、龍神剣が…!」
剣を離しては龍神の力を使うことが出来ない。
みるみるうちに刃の体が、そして龍神剣のサイズが縮んでいく。
刃が慌てて剣を拾う様子を見て、マンゲツはなるほどと薄笑いを浮かべた。

巨体でなおも猛攻するマンゲツを、元のサイズに戻った刃は必死でかわす。
だがこのままでは戦いによって東京の街が破壊されるばかりだ。
斬れない以上は街の外に放り出すしかないと、刃は再び巨大化を試みる。
がっしり受け止めたマンゲツを抱えて投げようとするが、
それより先にウサギの吐き出した炎が刃の顔面を襲った。

「あちゃちゃちゃっ! 水〜〜ゥ!!」

38 :週刊少年サンデー 1991年 20・21号:2007/01/23(火) 20:56:52 ID:???
第133話 くたばれマンゲツ の巻 2/3

刃は慌てて公園の池に飛び込み頭の火を消す。
カップルたちが漕ぐボートを押しのけ座り込んだ刃に、マンゲツが飛びかかった。
重いガスタンクにのしかかられ刃は身動きが取れない。
その剣を握る手めがけマンゲツは炎を放射した。

「あっちぃ〜〜!!」
刀身から手へと熱が伝わり、刃は涙目で悲鳴を上げる。
しかし龍神剣を離せば巨大化が解けマンゲツの巨体に押しつぶされてしまう。
母船のモニターで戦いの様子を見ていた かぐやは、
苦戦する刃の姿を目の当たりにして満足げな嘲笑を響かせた。

「さぞ熱かろう! のう龍神…!!」

だが刃は観念するわけにはいかない。
公園のシーソーを見て何事か思いついた彼は、熱された剣をマンゲツの顔に押しつけた。
マンゲツが熱さに叫ぶ隙に脱出し、近くに建っていたビルを折って抱え上げる。

「ずりゃあ!!」

刃はビルを空高く放り上げた。
そして巨大化している龍神剣をマンゲツの足下へと投げつける。
マンゲツは危なげなく剣をかわした。
龍神剣は彼と彼の前にある建造物の間に斜めの状態で突き刺さった。

39 :週刊少年サンデー 1991年 20・21号:2007/01/23(火) 20:57:46 ID:???
第133話 くたばれマンゲツ の巻 3/3

「バカめ! みずから剣を手離すとは…」
マンゲツが馬鹿にしたように笑みを浮かべたそのとき、
空から先ほどのビルが落下してきた。

「へ?」

ビルは龍神剣の柄の上にあやまたず着地し、刀身がシーソーよろしく跳ね上がる。
そして跳ね上げられた刀身は、てこの原理でマンゲツの巨体を弾き飛ばした。
高々と空を舞うガスタンクを刃はすかさず追いかける。

「宇宙の果てまで!! 飛んでいきやがれぃ!!」

空中でキャッチした龍神剣を握り、刃は心おきなく炎を放った。
火の玉がマンゲツの体を貫き、タンクは空のかなたで大爆発を起こす。
もとの姿に戻ったウサギは爆風にあおられ大気圏外へ。
故郷の月まで勢いよく吹っ飛んでいった。

「あ、あの… 役立たずがあ!!」

わなわなと怒りに身を震わせ、母船のかぐやが床に扇を叩きつけた。

「作戦を立て直す!! ツキカゲ!! 全艦、母船に引き上げさせぃ!!」

指揮官を失った艦隊は、かぐやの指令に従い東京の空から退却していった。
その姿を見上げながら刃と東京の市民は喜びの声を上げるのだった。

40 :マロン名無しさん:2007/01/23(火) 21:17:34 ID:???
マンゲツどこまで吹っ飛んでんだw
こいつ再登場できんのかな


41 :マロン名無しさん:2007/01/24(水) 00:25:29 ID:???
あれだけヤイバを苦しめたのに、

>「あ、あの… 役立たずがあ!!」

かよ。あんまり良い上司じゃないな。


42 :マロン名無しさん:2007/01/24(水) 01:51:52 ID:???
マンゲツは八鬼で言うとヘビ男みたいなポジションだったな
次はまた違うウサギが出てくんのか?

43 :マロン名無しさん:2007/01/24(水) 09:38:37 ID:???
マンゲツが出てくるんだからかぐやまであと29人は倒さないといけないな。

44 :マロン名無しさん:2007/01/24(水) 13:19:08 ID:???
>43
イザヨイとか出てきたら格好よさそうだ

45 :マロン名無しさん:2007/01/24(水) 15:04:51 ID:???
>「さぞ熱かろう!のう龍神…!!」
かぐや様ステキ

46 :マロン名無しさん:2007/01/24(水) 21:54:45 ID:???
なんか今週出てきたボートの池、地元の公園(都内)に似てる気がする
自分ちの近所が荒らされてると思うと感情移入できるもんだ
おかげで最後は妙にすかっとしたw

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)